パトロール

Hakuba47 スキーパトロール

 Hakuba47スキーパトロールについて 

 スキー場を利用する際の国際ルール 

  Hakuba47で安全に楽しむ為に 

      ゲレンデ内安全管理     

    事故・怪我等の緊急の場合    

    テストスキー(人工雪崩)    

       滑走禁止エリア      

      捜索・救助活動費用     

バックカントリーに出かける方

Tree Riding Zone

AED(自動体外式除細動器)設置場所

Hakuba47コース規制について


Hakuba47スキーパトロールについて


私たち「Hakuba47 スキーパトロール」は朝一番の気象・積雪観測から始まり、営業前のコース安全点検、営業中の巡回・巡視、傷病者の救護・搬送、営業終了後の安全点検を行うことでお客様の事故や怪我等の未然防止に努めています。




パトロール隊員  12名
隊長  長谷川 道雄
副隊長  光保 公広
隊員  10名

SAJ公認スキーパトロール資格保持者 3名
SAN公認スキーパトロール資格保持者 3名
日本赤十字社 救急員 資格保持者  3名
日本赤十字社 救急法指導員  1名
ウィルダネスファーストエイド 資格保持者 5名
雪崩制御用花火(ACE) 4名
火薬類取扱責任者 資格保持者 2名


Hakuba47ゴンドラ山頂駅1F、クワッドリフトLineC山頂駅前、ベースエリア レストランアリス横の3箇所を待機場所として各コースで巡回や作業を行っています。MAMMUTのユニホームを着用しております。パトロール隊員にお気軽に声をおかけください。


Hakuba47 スキー場で安全に楽しく遊ぶために



Hakuba47 スキー場で安全に楽しく遊ぶために


スキー場は山岳地帯にあります。スキー・スノーボード・スノーシュー等、多様な方法で楽しんでいただく為には、常に冬山でのスポーツだという認識を持ち、自分自身の能力を最大限に使い、安全に努めてください。
1. 出来るだけ複数以上で滑走してください。(お一人の場合怪我や事故等が起きた場合に発見・救助に時間がかかります)
2. コースマップ・看板・標識・警告・表示に従ってください。(常に自分の位置を把握し、自分勝手な判断で滑走禁止エリアに絶対に立ち入らないでください。ロープ・ネット等の有無に関わらずコースマップに記載されているコースのみ滑走してください。)
3. スキー場の滑走禁止エリアでの捜索・救助についてかかる費用は全てお客様負担となります。(捜索・救助費用明細は別表を参照)
4. スキー場のゲレンデ内・コース内でその一部を許可なく独占・占有しないでください。(無許可のエア台・キッカー・モーグルラインの作成、ポールの設置等)
5. スキー場のリフト・ゴンドラを利用してバックカントリーへ出かける際は登山計画書を提出して下さい。(スクール&センターで受付けています。)
6. ゲレンデ・コース内の設置物に注意し、リフト・人工構造物・雪上車両・立ち木等には十分な距離を取ってください。
7. ゲレンデ・コース内で他人の力が必要な人を見つけたら近くのスキー場スタッフに連絡してください。場合によっては応急処置をお願いいたします。
8. 飲酒や体調不良等により身体能力に影響がある場合はリフト・ゴンドラのご利用をご遠慮ください。
9. 山の自然を汚す事、破壊する事はしないで下さい。
10. 他の滑走者を尊重し、危険・危害・不安を及ぼさないでください。(少しの配慮でケガ・事故を減らすことができます。)

ゲレンデ内安全管理

事故を未然に防ぐために

お客様の安全を守る為に、予め危険と思われる箇所にはネット・マット・ロープ等を設置しています。また、標識・看板等で案内をしています。



事故・ケガ等緊急の場合


事故・ケガ等が起きたら

もし、お客様の近くで事故・ケガ等が発生した場合は、一番近くのスキー場スタッフにその通報をしていただく様ご協力をお願いいたします。

・事故・ケガがあった場所、ケガされた方がいる場所
(例:ルート1の真ん中、ルート1の上から見て右側等)
・ケガされた方の性別・年代
・ケガされた方はスキーかスノーボードか
・ケガされた方が着用されているウエアの色(上・下)
・ケガの状態(ケガをした部位・出血等)

通報の際、上記5つを出来るだけ正確に伝えていただけると、より迅速に現場発見、そして救助に繋がります。常にパトロール隊員が巡回していますが、事故・ケガを知る一番はお客さまからの通報です。ご協力をお願いいたします。


緊急時の通報先は

・Hakuba47内にいる場合 … 0261-75-3533
・白馬五竜アルプス平ゲレンデ・とおみゲレンデにいる場合 … 0261-75-2101
・白馬五竜いいもりゲレンデにいる場合 … 0261-75-2636

二重事故を起こさない為に

写真のように現場表示をしていただけると他のお客様にも認識しやすくなり、二重事故も防げると思います。また、お連れの方、協力者の方が誘導していただければ、尚良いと思います。


テストスキー(人工雪崩)


パトロール隊員が営業時間前に滑走禁止エリアに入り、人工的に雪崩を起こす作業です。Hakuba47スキー場の滑走禁止エリアは雪崩が起きやすい地形になっていて、営業時間中に雪崩が発生した場合には、コース上に雪崩が流れ込み、お客様を巻き込む危険性があります。

お客様が雪崩に巻き込まれない様、新しい降雪が15~20cm以上の時、雪崩発生の危険が高いと判断した時は営業開始前の早朝よりテストスキー作業を行っています。スキーカットや雪崩制御用花火(ACE)、圧雪車両を使用して人工的に雪崩を起こしています。

また、営業時間中に多量の降雪がある場合や、雪崩れる可能性が高くなった場合は、日中に作業を行う場合があります。人工的に雪崩を起こす作業は、パトロール隊員が雪崩に巻き込まれる危険性もある事から慎重かつ確実に行っています。お客様の安全を第一に、そして少しでも早く営業開始できる様にパトロール隊員一同取り組んでいます。


滑走禁止エリア


左のゲレンデ鳥瞰図の黄色で塗りつぶされた部分が滑走禁止エリアです。ロープやネット、標識を超えて滑走禁止エリアに絶対入らないで下さい。


滑走禁止エリアの進入禁止について

スキー場内の「滑走禁止エリア」は雪崩がゲレンデ内に流れ込み重大事故につながる可能性があります。どのような理由があれ滑走は禁止となっております。 「滑走禁止エリア」を滑ったお客様は、危険行為をしたことにより、リフト券没収の上、退場していただきますので、ご理解をお願いいたします。 ※滑走禁止エリアのシュプールは当社のパトロールが安全点検の為に滑ったものです。
Hakuba47 スキーパトロール


Hakuba47スキー場・白馬五竜スキー場で滑走禁止としているエリアは、本当に危険なところです。。リフト・ゴンドラ線下での雪崩はリフト・ゴンドラ支柱への破損につながり、乗車中のお客さまに多大な被害が予想されます。また、安易なコースとコースのショートカットは初心者コースへの雪崩の流れ込みによる被害が予想されます。自分だけの楽しみの為にルール・マナーを守らず滑走・行動をすると、他の大勢の方へ迷惑をかけることになることを考えてください。

また、滑走禁止エリアで万が一事故が発生した場合、地形的理由から救助作業が非常に困難又は非常に時間がかかる為、被災者・救助者両者の生命保護の観点からも滑走禁止としております。


白馬ルール


Hakuba47 Winter Sports Parkに於いて行っているTRZのプログラムエリア及び一部滑走許可エリアについては、TRZのプログラムエリアのエリアマップをよく確認したうえで滑走ください。

Mapの拡大図はこちらからご覧ください。


捜索・救助活動費用


「滑走禁止エリア」
進入禁止

「滑走禁止エリア」で救助・捜索活動が発生した場合は、 理由の如何・捜索結果を問わずお客様(要救助者とその関係者・救助依頼者)に対し費用請求いたしますのでご了承ください。

救助検索費用(1時間あたり)
パトロール隊員(1名)20,000円
救助捜索本部(1名)5,000円
スノーモービル(1台)10,000円
後方支援者(1名)10,000円
雪上車(1台)50,000円
その他、食事・飲み物は実費

バックカントリーに出かける方


Hakuba47スキー場内から直接バックカントリーに出かける登山口はありません。バックカントリーへ出かける登山口はHauba47 LineEリフト山頂駅・白馬五竜スキー場アルプス第4リフト山頂駅からさらに上部に登った看板よりも先(地蔵の頭より上部)からとなっています。

スキー場営業時間外、期間外のスキー場内への立ち入りは禁止となります。また、運休中リフトよりも上部へのハイクアップは禁止とさせて頂きます。管理区域内(ゲレンデ内)からロープ・標識等を無視してのバックカントリー進入は勿論、上記の登山口から進入してもゲレンデから見える位置にトラック(シュプール)が残るルートは滑走禁止です。何故ならゲレンデ内から安易にバックカントリーへ滑りだせる位置にトラック(シュプール)が残ることにより、他のお客さまに影響を与えてしまい、装備・知識・経験・技術を持たないお客様を誘惑する恐れがあり、遭難・雪崩事故等の重大な事故につながる可能性があるため、事故責任だけでは済まされないと考えているからです。また、バックカントリーへ出かける方は上記の内容を理解し、しっかりとした準備をして、登山届を提出し、自己責任の上で行動してください。(Hakuba47ではベースエリア・スクールセンターにて受け付けております。)また、営業時間外は雪上車両によるコース整備作業等が行われており、ゲレンデ内の進入は非常に危険です。営業時間外にどうしてもゲレンデを使用して下山せざるをえなくなった場合は、スキー場事務所(0261-75-3533)に連絡の上、指示に従って下さい。また、近年サイドカントリーという言葉もありますが、一歩スキー場から出ればバックカントリーであり、知識・装備・計画が必要です。


Tree Riding Zone (ツリーライディングゾーン)


Hakuba47 "Tree Riding Zone"(ツリーライディングゾーン)は、スキーの本質的な楽しみである新雪滑走を求めるお客様の為に誕生した特定のコースとコースの間のツリーエリアです。エリア内を滑走する際の注意点やルールに同意頂いた方のみの滑走が許可されます。指定エリア以外の立ち入り禁止エリアへの進入は勿論禁止行為であり、リフト券及び会員資格没収の上、退場いただきます。

詳細はこちらから


AED(自動体外式除細動器)設置場所



コース規制について


立ち入り禁止

ロープ、立ち入り禁止フラッグによる規制。


立ち入り禁止

等間隔に立ち入り禁止フラッグによる規制


立ち入り禁止

地形、気象条件により等間隔のフラッグのみの設置ですが、ロープ有(赤の破線で表現)と同じです。


ロープの終点からは進入可能

ロープのみによる規制。
※地形条件によりロープをくぐったり、飛び越えたりしての進入を禁止しています。


立ち入り禁止

ネットによる規制


立ち入り禁止

等間隔にスキー場境界フラッグによる規制。※スキー場外へは決められた登山口以外から出ることを禁止しています。


滑走可能エリアかどうかの判断に迷った時は自己判断せずにパトロールまでお尋ね下さい。